店長の独り言

GPZ900Rニンジャ、オリジナルパーツはカスタムピープル誌にも掲載! の、店長の独り言

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金属疲労

どうなんですかね・・・コレ。。
金属疲労というかなんなんだろう。。。

金属疲労
金属疲労(きんぞくひろう)は、固体金属材料が力を繰り返し長期間にわたって受けていくうちに、その固体に亀裂が生じたり、強度が落ちたりする現象のこと。金属の強度に対する過大な期待が裏切られたショックで日本では金属疲労と呼ばれている。1985年に起きた日航ジャンボ機墜落事故では航空鉄道事故調査委員会の調査によって、この金属疲労が原因とされている。しかし科学技術の世界ではプラスチック、炭素繊維、セラミックス、ガラスなどすべての固体に見られる現象で、人体などの疲労と明別して考えると日本語の金属疲労は欧米での”fatigue fracture”疲労破壊に相当する。


乗り物を扱うものとして感慨深いです・・・@店長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000076-jij-soci


***************

金属疲労、一度も検査せず=コースター含む全遊具で-エキスポランド捜索・大阪
5月6日21時1分配信 時事通信


 大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」でジェットコースターの車両が脱線し、女性1人が死亡、19人が重軽傷を負った事故で、エキスポランドは6日、事故が起きた「風神雷神II」を含む園内すべての遊具で、金属疲労の検査を1度もしていなかったことを明らかにした。脱線車両の折れた車軸が金属疲労を起こしていた可能性もあり、同社は「判断が甘かった」と謝罪した。
 府警吹田署捜査本部は同日、業務上過失致死傷容疑で園内の同社本社を家宅捜索し、点検記録などを押収した。現場検証や関係者への聴取を続け、事故原因の特定を急ぐ。
 同社によると、車軸は直径約5センチの合金製で、ナットで締められた部分で折れていた。部品は1992年の運用開始から1度も交換しておらず、金属疲労の検査もしていなかった。 

最終更新:5月6日21時1分

スポンサーサイト

| よもやま話 | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://indomen.blog136.fc2.com/tb.php/127-6ffff7f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。